白ワインに合う 鱈のパセリ味噌焼き


簡単! タラのパセリ味噌焼き

魚へんに雪と書いて、鱈。日本では、鍋に焼き物に、まさに冬の魚ですね。

タラには、貧血予防、腰痛にも良いビタミンB12 が含まれ
太りやすいものが美味しい季節の冬には嬉しい低カロリー、高タンパク な食材。
ありがとう、タラ! 今日も美味しくいただきますっ!

味噌とレモン、不思議と合う1品です♪
.
◎食材
タラ 切り身 1人1切れ
片栗粉 適量
パセリ 1束
ゴマ油 大さじ 1
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1
レモン 1/6 と 飾り用輪切り1人1枚
塩・コショウ 適量
.
◎作り方
1.パセリをさっと湯掻いて、ペーパータオルで水気をとり、みじん切りにする
2.味噌と砂糖を合わせて練る
3.フライパンにゴマ油をしき、パセリを炒め、クタッとしたら、②の味噌を足して、さらに炒めて水分を飛ばす
4.タラに塩・コショウをして、少し置いてから、ペーパータオルでしっかり水気を取り、片栗粉をまぶす
5.④のタラを皮がわから焼き、両面に焼き色がつくまで、しっかりめに焼く
6.器にもり、③の味噌をつけて、レモンを絞って めしあがれ🎶
.
◎添え物
アツアツ ネギだく 大根の煮物
タラをつくる前に
大根の皮をむき、輪切りにして、十字に切れ目を入れてめんつゆ 大さじ1と水で、中火で煮込むだけ。
タラができあがる頃に水分が飛んで、できあがります。食べる前に盛りだくさんの小ネギをのせて♪
.
◎合わせるADDAワイン

タラも大根も、元の素材が優しい味なので フラスカティ・ラチェモ白
ほんのり酸味がありますが、BIOの透き通るフレッシュさと、
さすがローマ郊外のカジュアルグルメエリア フラスカティのワイン! という飲みやすさです。